店主BLOG

2016-04-04 18:43:00

新設・山倉の完成です

2016年3月30日(大安)
老朽化した2つの町(下二階町・魚屋町)の山倉が新設され、竣工式がおこなわれました。



ここには毎年秋に行われる春日神社祭礼の鋒山が納められています。
こちらは旧山倉。建ててから100年~150年ほど経っているそうです。

 

昨年10月の秋まつりが終わり、その長い役目を終えた旧山倉は解体されました。
解体式の様子です。お疲れ様でした。
長い間、ありがとうございました。



そして今年春、山倉が完成しました。
旧山倉は中の様子を見ることが出来ませんでした。
新山倉は扉がガラス仕様になり、鋒山を観覧することができます。
画像では伝えきれない高さ、実物は圧巻です。

 

扉を支える柱は檜の木。
倉の中の柱、梁、棟、扉は杉の木。
屋根瓦は日本瓦。
日本遺産、ユネスコ創造都市にふさわしい、伝統的な建築で新しく建て直されました。

  

建て替えの際に工房は、足場など裏仕事でお手伝いさせて頂きました。
伝統文化を引き継ぎ、新しく生まれ変わるタイミングに関わることが出来て光栄です。
貴重な経験をさせていただきました。
こちらの山倉は商店街のなか、お店から近い場所にあります。
雪岡市郎兵衛茶屋さんの目の前ですので篠山にお越しくださった際にはぜひご覧ください。


【4月30日まで紙雑貨10%OFF】
新年度、新学期、新生活のスタートに向けて『倉敷意匠』や『水縞』など紙雑貨を10%オフいたします。
新生活のご挨拶にメッセージカードやレターセットを、、、
新学期に備えてノートやメモ紙を、、、
新年度のスタートに領収書や事務スタンプなど。
ぜひ、この機会にお買い求めください。



 
2016-04-01 18:39:00

春休みです。アウトドアです。

3月31日、篠山城跡の桜、開花宣言が出ました。
 


さぁ、賑やかになってきますね~。
城跡を囲むお堀のぼんぼりも点灯、開花中のライトアップはとても華やかです。

桜お堀ボート、今年もあります桜
(期間)4月1日(金)~5月28日(土)の金・土・日・月曜日・祝日
(時間)10時から16時まで

桜篠山市役所・市長室開放桜
市長室から見下ろす桜は絶景だそうです。
(期間)4月中旬頃まで(土曜日、日曜日も開放しています)
(時間)8時30分から17時15分まで ※終了日未定

桜丹波篠山さくらまつり桜
(期間)4月9日(土)~2016年4月10日(日)
(時間)10時~16時
 

そして子供たちといえば春休み。
先週末3/26(土)はお店・工房ともお休みを頂きまして、スタッフ&子供みんな揃ってお出かけしました。



インテックス大阪で開催された「モンベルクラブ・フレンドフェア2016春」
子供たちは、カヤック・フリークライミング・ボルダリングなど、普段あまり体験できない遊びをしてきました。









そして男子がハマったのがスラックライン。
ゆらゆら揺れるベルトを歩く、いわば綱渡り。
バランスをとる運動、すごく大事ですね。
うまく渡れるようになって喜んだり、バランスを崩して悔しい思いをしたり。



ここ何年もたくさんの子供にワークショップを体験してもらってきたけど、
肝心な我が子にはいろんな体験させてこなかったな~。
余裕なくて子供と向き合ってなかったことをすごく反省しながら、
今日はたくさんの笑顔見ること出来たな~と喜びも感じつつ。
これから少しづつ、子供と過ごす時間を取り戻そうと思います。

そして後日、
「何が一番楽しかった??」って聞いたら、
「晩御飯。」って答えが返ってきました。

う~ん、けっこう頑張って遠出したんだけど。。。
一番楽しかったのが、帰りにみんなで近所の焼肉屋に行ったことでした。

子供ってそんなもんですな。

 
2016-02-14 14:52:00

篠山市の森構想

篠山市でこんな取り組みが始まります。
篠山市は昨年12月に「篠山市ふるさとの森づくり条例」が可決成立し、条例に基づく森づくり構想を策定しました。
この構想は人工管理(間伐など)を推進しつつも、そのものを最終目的とするのではなく、市民が森林を資源として利用する生活を取り戻すこと、そのための人材育成、森林に関わる文化や仕組みの再構築、そして人と森とそこに暮らす動物とが安定した持続可能な関係を築けることを目的とします。




Natural Backyardにもこの構想への参画の通知が届きました。
そして2月5日『篠山市ふるさとの森づくり連携ネットワーク会議』設立総会に出席してきました。
篠山市長のごあいさつから始まり、議会と記念講演の二部構成。  




記念講演は 林材ジャーナリストの赤堀楠雄さん。
~「温故知森」の森づくりを考える~ をテーマにお話ししてくださいました。
お話の中には、それぞれの立場で活かせる森へのキーワードがたくさんありました。
少しづづですが、ブログでお伝えしていきたいと思います。

中でも印象に残ったのは、森のようちえんのお話。
鳥取県智頭町には「まるたんぼう」という森のようちえんがあります。
施設の中で過ごす幼稚園や保育園と違って、その名のとおり自然という野外空間で毎日を過ごします。
そこには危険や厳しい環境に遭遇する事もたくさんあり、その自然シグナル(危険)に敏感になることで子供たちは日々成長していき、負けない心、たくましさ、気遣いを身に付けていきます。



そのお話で木製品にも共通点を感じました。
例えば積み木、やさしくて温かみのある印象ですが考えてみればただの木の塊。
崩れることを前提に木を積み上げるという、実は積み木ってとても危険なおもちゃなのかもしれないと思いました。
実際に息子がまだハイハイ時期だった頃、体勢を崩し積み木の山に顔を突っ込んでしまい、目に傷を作り病院に行ったことがあります。
その出来事があったからNBYが作る積み木は、ぶつけても衝撃が少ないように軽量の木材を使用し、角を丸く仕上げることを一番大切にしてきました。

危険だから排除してしまうのではなく、危険だと知ったらどう対処するのか、、、
ぶつけて痛い気持ちを知ったら、人に向けて投げてはいけないということに気付く。
人の肌のように、木も乾燥するとカサカサしてくる。木のささくれが指に刺さってしまうかもしれない。
それはお部屋の乾燥状態を示してくれたりもするし、木をケアする優しさが生まれる。
木製品もまさに「自然シグナル」を通して、いろんな気遣いを教えてくれるんだと感じました。

会議には森や教育に関わる専門分野の方が集まり、親方さん欠席のなか独り、重々しい空気に着席。
「私たちに出来ることがあるのだろうか、、、」と少し戸惑いました。
しかし会議を終えてみて、場違いな自分達が入ることで森と縁遠い人たちや、お店の主体である若いママさんやパパさん、子供たちに森と日常を繋げる役割が出来るのかな、、、と思いました。
商品にも活かしながら、微力ではありますが、これから始まる森構想をお客様にお伝えしていけたら良いなと思います。
2016-01-20 12:38:00

週末DIY ~倉庫~

この冬初積雪の篠山です。全国的に雪のお天気となりましたね。



お店の奥には蔵が2つありました。
ひとつの蔵は天井が傷んでおり屋根が崩れて危険なので解体することになりました。



というのは去年9月の話。。。
それからはバタバタ忙しい日々が続き、更地になって放置したままでした。
そして季節は冬になり、今年に入って作業再開。
週末は倉庫づくりに励んでおります。
たまには子供たちもお手伝い。



まずは基礎から。
頼もしい助っ人にも来ていただいてます。
土木全般、エクステリア、造園、外構工事etc...
「まずはお気軽にご相談ください」の東門建設さん。



地面はコンクリートを打ち、、、



なんとなく倉庫のサイズ感がわかってきたところです。



週末や空き時間にDIY。
少しづつ少しづつですが、近況をUPしていきます。
2016-01-07 14:37:39

いざ名古屋へ

昨日は少し前から楽しみにしていた一日でした。
新しい出会いを求めて名古屋まで行ってきました。
それにしても、最近のサービスエリアは充実ぶりがスゴイですね。
止まった「御在所サービスエリア」は新しくて、まぁきれい。
コンシェルジュというホテルなみの制服を着たお姉さんまで配備。



そんなこんなで車で約3時間弱、名古屋に到着。
私が出会いたいのはもちろん、愛すべき雑貨たち。
以前から気になっていた雑貨メーカーの合同展示会です。



展示会の後は、お店の仕入れ雑貨の中で一番大きなシェアを占めるメーカーの内覧会へも行ってきました。
その後は直営のカフェ「COTTONY」でパスタランチを頂きました。
日本初上陸のパスタを使ったランチは、3種のパスタメニューが味わえてお替わり自由。
美味くて、男性のお腹も十分満たしてくれるボリュームでした。
名古屋へ行った際はぜひおすすめです。
http://www.cottony.jp



いろんな収穫があり、ほんとに充実の一日でした。
今回は商品発注がメインではなく、新しい流通ルートを見つけたり、会社を訪問して商品をより深く理解したり、いろんな方とお話ししたり、、、
自分のアンテナ部分が強化できたように思います。
春からの商品展開にご期待ください。

 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...